ジェントスのLEDランタンsol036c使用レビューまと め!ソロキャンプならこれ1つで充分な明るさ!ゆるキャンのしまりんも使用

木に吊るされたジェントスのランタンSOL-036C ソロキャンプ

sol036cはコンパクトかつ明るいランタンなので、ソロキャンプならメインランタンとして使えます。

最大380ルーメンと明るいので、ヘッドライトと併用する場合はオーバースペックに感じることもありますが、基本的に使いやすいランタン。

sol036c単体でもそれなりに快適、ヘッドライトと併用してより快適に過ごすこともできます。

ちなみにキャンプアニメのゆるキャンにも登場するランタンです。

スポンサーリンク

コンパクト&快適性を求めたい人に向いている

ジェントスのランタンSOL-036Cの緑に光る電源ボタン

sol036cはコンパクトさと快適さを両立したランタンだとおもいます。

めちゃくちゃコンパクトなわけではないんですが、荷物を積めないバイクでも無理なく運べる程度にはコンパクトです。

それでいてソロキャンプでは不便しないほど明るく感じます。

とくに1〜2人向けのテント内で使うとかなり快適で、小さな探し物も見つけられます。

さすがにファミリー向けの大きなテントでsol036cだけだと厳しいでしょうが、1〜2人用のソロ向けテントなら充分。

テーブルに置くよりかは吊るしてやったほうが、周囲を明るく照らしてくれます。

ジェントスのランタンSOL-036Cのフック

テントに吊り下げられたジェントスのランタンSOL-036C

ランタンの底にフックが内蔵されているんで、テント内にも吊るしやすいです。

ゆるキャン勢にも

キャンプアニメのゆるキャンでは、孤高のソロキャンパーしまりんも使っているランタン。

アニメを観た感じは、おそらくsol036cで間違いないかと。

私もゆるキャンからソロキャンプにハマった同士です。

スポンサーリンク

ヘッドライトと併用するとオーバースペックに感じる

sol036cはソロキャンプでは明るく快適なランタンなんですが、ヘッドライトと併用する場合は少々オーバースペックのような気もします。

ヘッドライトがあれば自分の視線の先は充分に明るく照らしてくれるので、ランタンはここまで明るくなくてもいいのかなあと(最大380ルーメン)。

ヘッドライトと併用する場合は、sol036cより光量を落としたランタンを買ってもいいんじゃないですかね。

テーブルの上のキャリーザサン

sol036cは明るいだけあって、サイズも重量もおおきくなってます。

ですので、たとえばソーラーランタンのキャリーザサンやスノーピークのたねほおずきのように、もっとコンパクトで軽量なランタンであれば、荷物のパッキングや持ち運びも楽になるはず。

「荷物はよりコンパクトに、自分の周囲はランタンで薄暗く、明るく照らしたいところはヘッドライト」というスタイルにしたい場合は、キャリーザサンやたねほおずきをおすすめしたいところ。

関連記事>>>軽量&コンパクトが魅力のソーラーランタン「キャリーザサン」使用レビュー〜LEDでお手軽なのにソロキャンプで抜群の雰囲気をつくる〜

もちろん荷物の持ち運びよりもキャンプでの快適性を求めるなら、ヘッドライトとsol036cの併用もありありです。

あるいはsol036cだけ、という選択肢も。

そもそもsol036cもコンパクトな部類のランタンだとおもいますし。

ほかの装備や積載手段との兼ね合いによるので断言はできないんですが、私の場合は車でもバイクでも自転車でも徒歩でも、sol036cとヘッドライトを持ち運べます

※自転車や徒歩ソロキャンプだと、sol036cの重量が気になるかも(約400g、電池込み)

スポンサーリンク

暖色だから雰囲気を作りやすい

木に吊るされたジェントスランタンSOL-036C

sol036cには、

・白色

・昼白色

・暖色

以上の3つの光色があるので、そのときの状況や気分に応じて使いわけることができます。

私はとくに暖色を好んで使っていて…というか暖色しか使いません。

木に吊るされたジェントスのランタンSOL-036C

暖色のオレンジ系の光は、白色と比べてグッとおしゃれな雰囲気にしてくれるので好きなんです。

もうすこしオレンジ味の強い暖色のほうが好きなんですが、暖かい雰囲気は出してくれます。

スポンサーリンク

トップカバーを外すとよりコンパクトに

ジェントスのランタンSOL-036Cの緑に光る電源ボタン

sol036cのトップカバーを取り外して使うことで、荷物をよりコンパクトにまとめることができます。

木に吊るされたジェントスのランタンSOL-036C

重量は大差ないですが、高さでいうと実に半分。

高さがなくなることで、クッカーやマグカップなどとスタッキングしやすくなり、荷物をコンパクトにまとめやすくなります。

私はトップカバーを外して使うことが多いです。

スポンサーリンク

スペック

テントに吊るしたジェントスのランタンSOL-036C

sol036cのスペックをかんたんにご紹介します。

大きさ

約15.8×7.3cm

重さ

約400g(電池込み)

ちょい重めで、これが欠点かな

光色は3種類

ジェントスのランタンSOL-036Cの白色

↑白色

ジェントスのランタンSOL-036Cの昼白色

↑昼白色

ジェントスのランタンSOL-036Cの暖色

↑暖色

メインランタンになる明るさ

テントに吊るしたジェントスのランタンSOL-036C

ソロ向けの定番テント、コールマンのツーリングドームSTにsol036cを吊るしてみました。

ジェントスのランタンSOL-036Cの白色で照らしたテント内

↑約380ルーメン(最大)

ルーメンとは

ジェントスのランタンSOL-036Cの昼白色で照らしたテント内

↑約230ルーメン(最大)

ジェントスのランタンSOL-036Cの暖色で照らしたテント内

↑約160ルーメン(最大)

インナーテントに吊るしてますが、イスとテーブルを置いてる前室部分までバッチリ照らしてくれてます。

つづいては前室に置いてみます。

ジェントスのランタンSOL-036Cの白色で照らした前室

ジェントスのランタンSOL-036Cの昼白色で照らした前室

ジェントスのランタンSOL-036Cの暖色で照らした前室

吊るさずともかなり明るいです。

※トップカバーを装着した状態

防水性

IPX4相当・・・水の飛まつに対して保護

参考記事>>>防水規格|IPコードの一覧。IPX, IPX4, IPX5,IP67, IPX7, IPX8, IP68とは

単三電池6本で動作

ジェントスのランタンSOL-036Cの電池

単三電池6本で動くので、電池の入手性はいいです。

ただ6本必要なので、そのぶん重量増になるのが欠点。

ジェントスsol036cまとめ

ジェントスのランタンSOL-036Cの緑に光る電源ボタン

☆コンパクトさと快適性を両立しているランタン

☆ゆるキャン△に登場するソロキャンパーしまりんも使用

☆ヘッドライトと併用だと、オーバースペックに感じる人がいるかも

☆暖色ですてきな雰囲気を作れる

☆トップカバーを外せばよりコンパクトに

sol036cはコンパクトさと快適性を両立しているランタンだとおもいます。

私はソロキャンプに慣れるまで真っ暗で孤独な夜が怖かったので、sol036cの光量は心強かったです。

※暖色は最大160ルーメンなので、怖いときは白色にして380ルーメンの明かりで照らしてた

sol036cよりコンパクトなランタンはありますが、sol036cもコンパクトな部類のランタン。

車やバイクなど、400gの重量が気にならない移動手段でソロキャンプをするなら、380ルーメンの明るさは心強いかと。

いっぽうでsol036cより薄暗くてもいいから軽量&コンパクトなランタンがほしいという方には、キャリーザサンというソーラーランタンがおすすめです。

次の記事へ

>>>軽量&コンパクトが魅力のソーラーランタン「キャリーザサン」使用レビュー〜LEDでお手軽なのにソロキャンプで抜群の雰囲気をつくる〜

 

ソロキャンプ
サトウタロウをフォローする
カテゴリー
サトウタロウの孤独語録

コメント