50年以上愛されつづける定番ワークパンツ「ディッキーズ874」をレビュー

たたんで並べられたディッキーズ874 ソロキャンプ

50年以上の歴史をもつディッキーズ874をご紹介します。

私は街着、部屋着、キャンプにバイクと、ありとあらゆる場面でディッキーズ874を着用しています。

・ファション界で定番となるほどのデザイン性

・ゴロゴロくつろげるほどの動きやすさ

・タフな造りだけど安価

すべて揃っているので、どんな場面でも愛用できてしまうんですよね。

大好きなワークパンツです。

スポンサーリンク

元をたどると100年近い歴史があるワークパンツ

ディッキーズ874のタグ

「ロゴは見たことあるけど、実際どんなブランドかしらない」という方向けに、ざっくりとディッキーズの歴史をご紹介。

私は歴史や服を知る前はディッキーズにはいい印象も悪い印象もなく、”ただ街で見かけたことがある”というだけのブランドだったんですが、歴史を知ると印象が変わりました。

○1922年、Dickiesが誕生

○1923年、874の原型となる「カーキ」の生産が開始

○1941年、たしかな物作りが認められ、第二次世界大戦で政府公認の衣料としてアメリカ陸軍のために900万着以上の制服を生産

○1950年、第二次世界大戦後、石油労働者向けにカーキのワークウェアを売り出すと大ヒット

○1967年、”874”を発表

○1990年代、西海岸のスケーターが丈夫でお手頃価格の874を愛用(ストリートカルチャーブーム)し、ワークウェアブランドだけでなくファッションブランドとしての地位も確立

参考リンク>>>HISTORY Dickies

874は50年以上の歴史があり、874の原型になった”カーキ”時代も含めると、100年近い歴史を持つワークパンツ

1960年代流行(出来事)/年代流行によると、日本にカラーテレビが登場したり、サザエさんの放送がはじまったのと同時代。

ディッキーズ874はリカちゃん人形と同い年みたいです。

私自身、ディッキーズがワークウェアブランドだというのはなんとなく知っていましたが、軍の制服を生産するほどのブランドだとは知りませんでした。

スポンサーリンク

着心地・動きやすさは抜群

ディッキーズ874を穿いて川に入る人

「FIT YOU,FIT YOUR JOB(あなたにも、あなたの仕事にもフィットする)」というディッキーズのポリシー通り、ディッキーズ874はとても動きやすく快適なパンツです。

街着としてはもちろんのこと、キャンプやバイク、部屋着としても着用しているんですが、動きやすさについては文句ないです。

馴染むまでは生地が固くて動きづらさを感じるんですが、穿き込んでいくと自分の足に馴染んきて、快適になっていきました。

※男性(163cm/60kg)がサイズ29を履いた感想、ベルト無しでも履けるけど窮屈じゃないサイズ感。28は履けるけどちょい窮屈

スポンサーリンク

部屋着やワンマイルウェアにも使える

たたんで重ねられたディッキーズ874

ディッキーズ874を部屋着やワンマイルウェアとしても着用しています。

※ワンマイルウェアとは・・・家から1マイル(約1.6km)で着る服、ご近所ウェア

私は部屋着を持たない主義なので、家で着る服と街に出る服は兼用することが多いです。

つまり服にはデザインだけでなく動きやすさやくつろぎやすさも求めるんですが、ディッキーズ874はかなり快適。

あぐらをかいても足が突っ張らないので、充分ゴロゴロ・ダラダラできます

※ゆるゆるのスウェットのほうが楽だとはおもう

あとワークパンツなので家事にも向いてるとおもいます。

裾を膝まで捲りあげれば、お風呂掃除のときに裾に水がかかりません。

細いパンツと違って膝の出っ張りが気にならない

ディッキーズ874を穿いて河原に座る人

細身のストレッチ系パンツと違って、膝の出っ張りが気にならないのもいいところ。

細身のストレッチ系パンツであぐらをかきつづけると、だんだん生地が伸びて膝だけポコッと飛び出してかっこ悪くなるんですよね。

部屋着と街着を兼用する私としてはそういったシルエットの崩れが気になるんですが、ディッキーズ874の場合はいくらあぐらをかきつづけても膝が飛び出ないので精神的にも楽で好き。

かといってディッキーズ874があぐらをかきにくいわけではなく、ゆとりのあるシルエットのおかげでふつうにくつろげます。

細いパンツ特有の締め付け感もないですし。

スポンサーリンク

ロールアップをすると重さを感じる

ロールアップをされたディッキーズ874

163cmの男性がレングス32(股下の長さ)のディッキーズ874を履くと、かなり裾が余ります。

そのまま履くと裾を引きずるのでロールアップをすることになるんですが、裾を何回も折るとかなり重さを感じて、動きやすさや快適性がかなり落ちました(個人差あり)。

ロールアップをすると足の先端に重さが集中するんで、そのせいで生地の重さ以上に重量を感じたのかもしれません。

あまりにパンツが重く感じるので、ディッキーズ874を履くのをやめたことがあるぐらいです。

ディッキーズ874の裾上げ跡

裾上げをしてロールアップの回数を減らせるようにしたところ、かなり動きやすく快適になったので、裾上げ後はしょっちゅう履いています

私は裁ほう上手という接着剤を使用して自分で裾上げをしましたが、すこし慣れが必要なので、お直し屋さんに持っていくなり、針と糸で縫うなりしたほうがいいかもしれません。

スポンサーリンク

オールシーズン活躍

重ねて置かれたディッキーズ874

春夏秋冬問わず、オールシーズン穿けます。

もちろん夏は暑いんですが、私の体感だと「暑すぎて絶対に穿けない!」というほどではないです。

またディッキーズ874自体の保温性は高くありませんが、冬はけっこう活躍してくれます。

防風性が高いので冷たい風の侵入を防いでくれますし、ゆったりとしたシルエットのおかげで保温インナーを着込みやすいです。

キャンプでも活躍

ディッキーズ874を穿いて河原に座る人

ディッキーズ874がキャンプに向いている理由は3つ。

1.破れを気にせずガツガツ履ける

2.焚き火に強い

3.ロマン

動きやすさについては上述したので、ここでは省きます。

1.破れを気にせずに履けるから気が楽

ディッキーズ874を穿いて岩場に座る人

まず石油労働者に愛されたという歴史からわかるとおり、生地が頑丈です。

キャンプにそこまでの頑丈さが必要かといわれると微妙なところですが、地面に膝をついたり切り株に座ったりと、傷や破れを気にせず履けるのは精神的に楽

すこし太めの枝をを膝で折るような荒っぽいことをしても平気。

そういえば自転車に乗っているときにディッキーズ874の頑丈さを感じたことがあります。

私の自転車は構造上、ペダルを漕いでいるとパンツの裾が自転車の鋭利な部分と接触します。

ユニクロのスラックスを穿いてペダルを漕いでいるとビリっと裾が裂けてしまったんですが、ディッキーズ874の場合は縫い目がすこしほつれただけで生地自体はなんともありませんでした

焚き火に強い

ディッキーズ874を穿いて焚き火をする人

ポリエステルやナイロンのような化学繊維は火の粉に弱く、かんたんに穴が開きます。

しかしディッキーズ874の素材配合はポリエステル65%/綿35%なので、焚き火の火の粉が飛んできても穴が空きにくいです。

たとえばテンマクデザインのこのタープは”焚き火バージョン”という名がついてる通り、比較的焚き火に強い素材のタープ。

そしてこのタープの素材配合はポリエステル65%/綿35%。

ディッキーズ874と同じ素材配合です。

完璧に火の粉を防げるわけではないとおもいますが、化学繊維100%の服より焚き火に強いはず。

ディッキーズ874を履いて何度も焚き火をしていますが、いまのところ穴は空いていません

ロマン

積み重ねられたディッキーズ874

なにより”歴史あるワークパンツを履いて自然のなかでキャンプをする”というのは、いささかロマンを感じます。

ディッキーズ874とレザーブーツと焚き火…たまらん。

関連記事>>>ダナーフィールド1年間着用レビュー!街と自然をつないでくれる好きなブーツ

ディティール

床に並べられた黒とカーキとダークブラウンのディッキーズ874

左・・・黒、29インチ、真ん中・・・カーキ、30インチ、右・・・ダークブラウン、29インチ

ディッキーズ874のディティールをご紹介します。

全体像

床に広げられたカーキ色のディッキーズ874

床に広げられたカーキ色のディッキーズ874

↑カーキ色、30インチ、レングス30

センタープレスがあると、きれいめな印象になりますね。

ワークパンツなんだけどスラックス的というか…。

ポケット

ディッキーズ874のお尻

両サイドに1つずつ、後ろに2つポケットがあります。

ディッキーズ874のポケット

両サイドのポケットは手のひらがすっぽりと収まるほどの深さ。

ディッキーズ874と折りたたみ傘

ポケットに折りたたみ傘が収納されたディッキーズ874

なんとユニクロの折りたたみ傘もすっぽりと収まります。

iPhone7+をポケットに入れて軽く走ることが日常的にあるんですが、一回も落としたことはないですね。

ディッキーズ874の後ろポケット

後ろポケットも手のひらが収まるぐらいの深さがあります。

ディッキーズ874の後ろポケット

左のお尻のポケットはボタンがついています。

ディッキーズ874の後ろポケット

外すとこんな感じ。

ボタンのおかげでポケットに小銭を安心して収納できるのがありがたい。

私はスマホ決済を中心に活用し始めて財布を持つことが減ったんですが、それでも現金を使わざるを得ない場面に出くわすことがあります。

そういったときに財布を持っていないとお釣りの収納場所に困るところを、ボタン付きポケットだと小銭を落とす心配がすくなくて助かるんですよね。

ディッキーズ874のポケットの生地

ポケットの生地はこんな感じ。

新品時はこの白い生地部分までパリパリです。

ディッキーズ874の穴が空いたポケット

10ヶ月ほど履き込んだディッキーズ874の右のポケットはいつのまにか穴が空いていました

鋭利なものを入れた覚えがないのでもともと不良品だった可能性もありますが、ポケットの素材が強くない可能性も。

触った感じは弱い素材には感じないので、ふつうに使っていれば破れることはないとおもいます(ほかの874は無傷)。

ファスナーはYKK

ディッキーズ874のファスナー

ファスナーはYKK製。

ディッキーズ874のファスナーのロゴ

ファスナーのつまみにはディッキーズのロゴが刻印されています。

ファスナーの色は黒もダークブラウンも同じでした。

ホック

ディッキーズ874のホック

ウエストはホックです。

ディッキーズ874のホック

ディッキーズ874のホック

筆記体らしき文体でなにかが刻印されています。

dickiesって書いてあるのかな?ちょっとわからない…

ファスナーにしろホックにしろ、こまかいパーツにまでブランドロゴ?が入っていてこだわりを感じますね

ベルトループ

ディッキーズ874のベルトループ

ディッキーズ874のベルトループ

ベルトループは7箇所。

一般的なパンツとくらべると、かなり太め。

縦横それぞれ指2本分ってところです。

10ヶ月穿き込んだ経年変化

カーキ色のディッキーズ874とダークブラウンの874を持った人

※カーキが新品、ダークブラウンが10ヶ月穿き込んだ時点の写真

ダークブラウンのディッキーズ874を持った人

カーキ色のディッキーズ874を持った人

外でも自宅でもガンガン穿いて、洗濯機でガンガン洗ったので、新品のときとくらべるとクタッとしています

ディッキーズ874のポケットについた経年変化

右足側のポケットに白っぽい長方形の跡がついています。

察しのいいかたはお気づきかもしれませんが、これはスマホの跡ですね。

いつも右ポケットにスマホを入れているので、スマホ型の経年変化が起こりました。

自分の生活スタイルがそのまま経年変化として現れているのは、なかなか心躍るものがあります。

ちなみにiPhone7+です。

並べられたディッキーズ874

センタープレスは膝から下は残ってるんですが、膝から上は消えましたね。

ディッキーズ874のカーキ色を穿いた人

ダークブラウンのディッキーズ874を穿いた人

むしろセンタープレスがここまで長持ちしてることに驚きです、以前買ったスラックスは1回洗っただけで完全にセンタープレスが消えましたから。

重ねて置かれたディッキーズ874

お尻は少しだけ白っぽくなりました(実物をよく見ないとわからないレベル)。

毛玉

ディッキーズ874の毛玉

履き込んでいくと、ちらほら毛玉が。

ダークブラウンの874は毛玉が少なく、黒の874のほうが毛玉が多くできていました。

黒のディッキーズ874を穿いて毛玉ができやすいようなことでもしたっけ?

洗い方・洗濯方法

ディッキーズ874の洗濯表示

上画像はディッキーズ874の洗濯タグです。

私は自宅の洗濯機でガシガシ洗ってます。

スコッチガードは徐々に落ちる

たたまれたディッキーズ874

ディッキーズ874にはふせんで有名な3M社のスコッチガードという加工が施されているんですが、洗濯などをすると落ちるものなのでご注意を。

3M社製のスコッチガードを採用。雨によるドロ汚れやシミ汚れ、油汚れなどから衣服を守る繊維防護加工済みで耐久性抜群。

引用:Amazon

スコッチガードは半永久的に続く加工ではないです。

とはいえ、洗濯をしたからといってすぐにすべてのスコッチガードが落ちるわけではないので、そこまで神経質にならなくてもいいとおもいます。

普段履きならスコッチガードが完全に落ちても困ることはほぼないでしょうし。

気になるようでしたら、市販のスコッチガードを定期的に吹き付けてやればいいんじゃないですかね(私は使用したことがない)。

あるいは洗濯の頻度を減らして、消臭スプレーで対応するとか。

参考リンク>>>スコッチガード

ディッキーズ874まとめ

新品のディッキーズ874とくたびれたディッキーズ874を持った人

造りのタフさ、動きやすいシルエット、定番となるほどのデザイン性…これらを兼ね備えていながら価格は安い。

街着、部屋着、キャンプにバイクなど、ありとあらゆる場面でディッキーズ874を愛用していますが、いずれの場面でも大満足です。

1本もってても損はしないとおもいますよ。

次の記事へ

>>>ダナーフィールド1年間着用レビュー!街と自然をつないでくれる好きなブーツ

>>>コンバースの”ジャックパーセル ゴアテックス搭載モデル”をレビュー〜川を歩いても浸水しないスニーカー〜

>>>GRAMICCIのグラミチパンツをレビュー〜THE 快適〜

コメント