ネイチャーハイクの化繊寝袋「LW180」の使用レビューまとめ!最低気温10℃まで使える

ネイチャーハイクの寝袋LW180で眠る男 ソロキャンプ

ネイチャーハイクの化繊寝袋LW180

は、最低10℃ぐらいまで眠れます。

首元に紐がないので、寒いときに首元を絞れないのは欠点です。

ただ使用する季節さえ選べば、優秀な寝袋かと思います。
「春夏秋」が使いやすいかな。

サイズもかなりコンパクトなので、バイクや自転車のように荷物の積載量が限られたキャンプには、使いやすい寝袋です。

Amazon.co.jp: 【全4カラー】 軽量 封筒型 シュラフ 寝袋 キャンプ アウトドア 並行輸入品 (ネイビー): スポーツ&アウトドア
Amazon.co.jp: 【全4カラー】 軽量 封筒型 シュラフ 寝袋 キャンプ アウトドア 並行輸入品 (ネイビー): スポーツ&アウトドア

最低11℃までなら眠れる

ネイチャーハイクの寝袋LW180で横向きになる男

外気温が11℃までなら、LW180

で眠れることを確認しました。

☆検証環境

・外気温・・・11℃(0時)

・服装・・・ヒートテックのインナー上下、ウールのズボン、裏起毛のスウェットシャツ

・テント・・・ツーリングドームST

(コールマン)

・マット・・・銀マット(キャプテンスタッグ)

0時~6時ごろまで、途中で目覚めることなく眠れました。

関連記事>>>コールマンのツーリングドームST使用レビューまとめ!はじめてのテントにおすすめ

しかし起きたとき寒さを感じたので、LW180

の最低使用温度は10℃ぐらいとみといたほうがいいかなと。

まあ底冷えを感じていたので、マットを銀マットよりいいものに変えると、10℃以下でもいけそうな気はしますが。

たとえばキャプテンスタッグのEVAフォームマット

はおすすめ。

関連記事>>>キャプテンスタッグ「EVAフォームマット」使用レビューまとめ〜ソロキャンプで使うはじめてのマットに向いてるよ〜

LW180を10℃の環境で使わざるを得ないなら、あたたかい服やカイロを用意しといたほうが安心。

冬は無理。

季節的には「春夏秋」が使いやすいんじゃないかと思います。

Amazon | コールマン(Coleman) テント ツーリングドームST 1~2人用 170T16400J | Coleman(コールマン) | テント本体
コールマン(Coleman) テント ツーリングドームST 1~2人用 170T16400Jがテント本体ストアでいつでもお買い得。当日お急ぎ便対象商品は、当日お届け可能です。アマゾン配送商品は、通常配送無料(一部除く)。
Amazon | キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) キャンプ用マット 【Sサイズ】 キャンピングマット180×60cmブルー M-7381 | キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) | レジャーシート
キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) キャンプ用マット 【Sサイズ】 キャンピングマット180×60cmブルー M-7381がレジャーシートストアでいつでもお買い得。当日お急ぎ便対象商品は、当日お届け可能です。アマゾン配送商品は、通常配送無料(一部除く)。
Amazon | キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) キャンプマット 1人用 レジャーシート EVA フォーム マット シングル 56×182cm M-3318 | キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) | レジャーシート
キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) キャンプマット 1人用 レジャーシート EVA フォーム マット シングル 56×182cm M-3318がレジャーシートストアでいつでもお買い得。当日お急ぎ便対象商品は、当日お届け可能です。アマゾン配送商品は、通常配送無料(一部除く)。

暑いときは足を出して体温調節

ネイチャーハイクの寝袋LW180でつま先を出して眠る男

「寝袋に入ると暑い、でも寝袋から出ると寒い」

というときに重宝する機能が、寝袋から足だけ出せること。

こまかい体温調節ができるので、眠りやすいです。

ファスナーがダブルなので、つま先だけ出すという芸当ができます。

ブランケットにも

ネイチャーハイクの寝袋LW180をブランケット化
ネイチャーハイクの寝袋LW180を羽織る男

ファスナーを完全に開くと、ブランケットのようにして使うことができます。

眠るときの体温調節にはもちろんのこと、夕暮れで肌寒いときに羽織って暖を取ってもOK。

収納袋はまくらになる

ネイチャーハイクの寝袋LW180の収納袋をまくら化
ネイチャーハイクの寝袋LW180の収納袋に詰めた服

ちょっとした小技ですが、LW180

の収納袋をまくらとして使用することで、荷物を少なくすることができます。

「バイクだから荷物はたくさん持っていけない、けど気持ちのいい朝を迎えたい」

なんてときに有効です。

収納袋をまくら化する方法は、着替えやタオルを詰めるだけ

詰める量を変えることで、自分の頭の高さに合わせたまくらになるので、実は寝心地はかなりいいです。

収納袋には寝袋を圧縮するためのベルトがついてますが、実際に寝てみると意外と気になりませんよ。
ふつうに眠れます。

実際に寝てみた

LW180

に寝てみましたんで、実際に使ったときのイメージの参考にどうぞ。

☆うさぎ田のスペック

身長・・・163cm

体重・・・60kg

☆LW180のスペック(実測)

長さ・・・180cm

ネイチャーハイクの寝袋LW180で眠る男
ネイチャーハイクの寝袋LW180で眠る男

封筒型の寝袋なので、窮屈さも少ないですね(もちろん布団とくらべたら窮屈)。

洗えるから汗をかく夏でも使いやすい

LW180

は化学繊維でできた寝袋なので、汗をかいて寝袋が汚れる夏のキャンプでも気兼ねなく使えます。

寝袋のなかに詰まってる素材は、

・ダウン

・化学繊維(化繊)

おもにこの2種類。

ダウンは水に弱いので、気軽に選択できる代物ではないんです。

しかしLW180は化繊なので、ふつうに洗えます。

なんども洗ってますが問題なしです。

ダウンは軽量&コンパクトになるのが魅力ですが、洗いにくいので汗をかく夏には気を使うんですよね。

LW180は春秋のソロキャンプ向けのいい寝袋

☆LW180まとめ

・春夏秋のソロキャンプに使える

・最低使用温度は10℃ぐらい(マットをいいものに変えると、もっといけるかも)

・つま先だけ出したりブランケット化したり、体温調節がしやすい

・収納袋をまくら化すると、荷物を減らせる

「夏よりの春秋」までが使いやすい気温だとおもいます。

あたたかい時期のキャンプはLW180で、寒い時期のキャンプは冬用の寝袋を用意すると、1年中快適に眠れるんじゃないかと。

次の記事へ

>>>イワタニのジュニアコンパクトバーナー使用レビューまとめ〜ソロキャンプで使う初めてのバーナーとして抜群に使いやすい〜

>>>キャプテンスタッグ「アルミロールテーブル」の使用レビューまとめ〜極限まで荷物を減らしたい人には向かないローテーブル〜

>>>【ソロキャンプツーリング 入門セット3パターン】手持ちの道具でつくってみた

コメント