ソロキャンプ

カリマーSFプレデター30のカスタムまとめ〜容量は50L以上にできる〜

カリマーSFプレデター30のカスタムをまとめました。容量は50Lぐらいになったので、プレデター45じゃなくとも充分でした。またカスタムパーツは軍モノを中心に揃え、頑丈さと見た目にもこだわったので、なかなかいい雰囲気のバックパックに仕上がったと思います。
ソロキャンプ

ソロキャンプ用にムーンライト1型を購入した理由とムーンライト2型と迷った話

モンベルのムーンライト1型の購入の決め手は、ワクワクしたから。「モンベルの歴史が感じられるこのテントを背に、焚き火とウイスキーを楽しみたい」と思ってしまったから。ムーンライト1型よりも性能のいいテントはいくらでもあるでしょうが、このワクワク感を味わえるテントにはなかなか出会えないと思い、購入に踏み切りました。
ソロキャンプ

「ヘキサゴンウッドストーブ×アルコールバーナー」5つのメリット・デメリット!燃費は最悪だがサブとしてなら使いやすい

ヘキサゴンウッドストーブをアルコールバーナーの風防&五徳として使うと燃費が悪くなりますが、サブバーナーとして使うぶんには大きな影響はありません。それに出費がかさんだとしても、趣味でやっていることなので楽しい道具使ったほうがいいですよ、きっと。
ソロキャンプ

ソーラーパフの後継機「キャリーザサン」使用レビュー!圧倒的にコンパクトで予備電池いらずのソロキャンプ向けソーラーランタン!

キャリーザサンは水に沈めても壊れず、不自由なく読書できるほど明るいソーラーランタンです。予備電池もいらず、バックパックのわずかな隙間に差し込めるほどコンパクトです。毎月4回のキャンプに行っても、10年以上使えます。荷物をコンパクト化したいキャンパーにぴったりです。
ソロキャンプ

ソロキャンプのスケジュールと流れ

ソロキャンプ初心者の方向けに、私のとある日のスケジュール/流れをまとめました。ソロキャンプはルールやマナーさえ守っていれば、誰に気を使うこともなく、好きに過ごしていいのが魅力。なので私の例は参考程度にしておいてください。経験を積むと、自分のスタイルが見つかりますよ。
ソロキャンプ

バイクキャンプツーリングでバックパックを楽に背負う方法!コツは肩紐をゆるめず荷重を預けること

バイクキャンプツーリングで重いリュックを楽に背負うには、リュックの底にマットを取り付けることです。肩紐をゆるめてバイクに荷重を預けるだけでは不十分。リュックの底の長さを足してやることで、はじめて楽に背負うことができます。
ソロキャンプ

キャンプツーリング道具をどうしても積載できないときの最終手段

キャンプツーリングの定番の積載方法と、どうしてもバイクに荷物を積めないときの最終手段「リュック」についてご紹介します。積載方法に頭を悩ませているのなら、ホムセン箱かキャンピングシートバッグ2を選んでおけば失敗しないと思います。定番が安心です。
ソロキャンプ

トランギアのアルコールバーナーの火力と燃費を検証してみたら意外な結果に…

トランギアのアルコールバーナーと3種類の五徳で、火力と燃費を検証しました。その結果、エバニューのチタン五徳EBY253は燃費に、EBY258はバランスが優れた五徳でした。本命のヘキサゴンウッドストーブは、火力はあるが燃費は悪いというパッとしない結果に...でも使って楽しい道具なのは間違いありません。
ソロキャンプ

モンベルのテント「ムーンライト1型」の設営方法【写真多めで解説】

モンベルのテント「ムーンライト1型」の設営方法を写真多めで解説しました。慣れれば10分前後で設営可能と、かんたんに設営できます。ムーンライト1型は小さいので、大きいテントと比べて取り回しがよく、設営しやすいですよ。
ソロキャンプ

エスビット「ポケットストーブ ミリタリー」の使用レビューまとめ!ついソロキャンプで使いたくなる無骨なストーブ

エスビットのポケットストーブは、シンプルすぎて使いにくいところもありますが、そんな不器用なところが男心をくすぐります。 シンプルで無骨なストーブなので、ガツガツ汚して使いたくなりますね。 不器用なポケットスト...