Amazonで服を買うメリット・デメリット〜店員さんが苦手/外出がきらい/じっくり試着したい人におすすめ〜

たたんで重ねられたディッキーズ874 ファッション

以前は実店舗やZOZOTOWNなどで服を買うことも多かったんですが、ここのところはほとんどAmazonでしか服を買っていません。

ネット通販のデメリットをうまく打ち消していて、なおかつ私の性格と相性がばっちりで、すごく使い勝手がいいんです。

たとえばAmazonで服を買う最大のメリットは、返品が無料であること(一部対象外)。

ふつうの通販サイトは自己都合による返品は返送料が必要だったり、そもそも不良品以外の返品を受け付けていない場合があります。

だけどAmazonは”返品無料”と書いてある服は、自己都合で返品可能(私の観測範囲だとだいたいの服は返品無料、もちろんきれいな状態であることが大前提)。

つまりAmazonなら、

試着感覚で購入後、サイズ感や自宅のすべての服とコーディネートを試して気に入らなければ無料で返品

ってことができるんです。

もちろんネット通販ならではのデメリットも存在しますが、個人的にはメリットのほうが大きくて、デメリットは気になりません

こんなふうに、この記事ではAmazonで服を買うことのメリット・デメリットをご紹介します。

店員さんに気を使っちゃう人や服を買いに行く時間がない人、服を買いに行く服がない人、外出が嫌いな人におすすめ。

関連記事>>>Amazonの返品について

スポンサーリンク

4つのデメリット

まずはデメリットからご紹介。

Amazonで服を買うデメリットは4つ。

1.服のレパートリーが限られる

2.自宅に姿見が必要

3.店員さんに相談できない

4.買い物が思い出になりにくい

順番にご説明します。

1.服のレパートリーが限られる

Amazonはたくさんの服を取り扱っているとはいえ、この世のすべての服を揃えているわけではありません。

好みのブランドや服を取り扱っていないのならAmazonで服を買う意味がない。

というか買う服がないとおもいます。

ただ服のレパートリーにかんしては、ほぼ問題ないとおもいます。

本当にほしい服があるのなら別の通販サイトや実店舗で買えばいいだけのこと。

すべての買い物をAmazonだけで済ます必要はないですから。

それにねレパートリーにかんしては、むしろAmazonのほうが優れていることもあるんです。

実店舗で探し回って見つけられなかった服が、Amazonで検索すると一瞬出てくることがあるそうな(レビューを見てるとたまに書いてある)。

Amazonの検索欄に「ほしい服の名前」を打ち込んだら一瞬で出てくるんで、わざわざ何時間もかけて店をはしごする必要がないんですね。

私の場合、自分がほしいとおもった服がAmazonで出てこなかったことのほうが少ないですね。

だいたいAmazonに置いてます。

2.自宅に姿見が必要

Amazonで服を買うと自宅で試着をするので、鏡が必要です。

それも全身映る姿見が。

お店に行けばあちこちに鏡が置いてあるんで、自分の姿をチェックするのに困ることはないです。

だけど自宅で試着をするなら、どうしても姿見は必要になります。

自宅に姿見がないならネット通販を諦めるか、新たに姿見を購入されたほうがいいかとおもいます。

この項目にかんしては、「鏡を買ってくれ」としかいえない。

3.店員さんに相談できない

自宅で試着〜購入まで済ませるので、あたりまえですが店員さんのアドバイスを受けられません

服を選ぶときに店員さんのアドバイスや話を重宝したい場合は、Amazonは向きませんね。

いっぽうで私のように「店員さんのアドバイスはいらない」って場合は、Amazonでも不便しないとおもいます。

たしかに商品スペックや使用した感想を聞きたいときもあるんです、ごくごくたまーに。

でもそんなときはメーカーにメールで問い合わせたり、ブログ・SNSで使用感を調べたりできるんで、店員さんの話を聞けなくて困ったことは1度もないですね。

もちろん知識や経験豊富な店員さんに頼るのがベストな場合もあるはずなんで、そのときは店員さんを頼ればいいかなとおもってます。

ケースバイケース。

4.買い物が思い出になりにくい

ネットで買い物を済ませることになるんで、買い物自体は味気ないです。

実際にお店に足を運んであーでもないこーでもないっていろんな服を見て触って、やっとこさビビっとくる服に出会えて、帰る頃にはクタクタになってるけどどこか高揚感があって…

みたいな体験はできませんね。

たとえAmazonとお店で同じ服を買ったとしても、お店に足を運んでクタクタになりながら買った服のほうが愛着が生まれやすいです(私の場合)。

合理的に考えたら同じものを買ったんならネットでもお店でも変わらないとおもうんですが、お店で買ったほうが思い出になる気がします。

服を買うまでにストーリーがある感じ。

アニメで例えてみましょうか。

ネット通販の場合は、”いきなりラスボスを倒した”で終了。

お店で買うときは、”ザコキャラに苦戦しながら武器を揃えて、ときには仲間と恋をして、そうしていろんな寄り道をしながらやっとラスボスを倒した”みたいな感じ。

この味気なさがAmazon(ネット通販)の最大のデメリットだとおもってます

ですが後述のメリットのところで書いたように、この味気なさが衝動買いが減るというメリットにも繋がりました。

Amazonは雰囲気や勢いに惑わされず冷静に購入の決断ができるおかげか、「この服失敗したなあ」って経験がないんですよね。

味気ない買い物になる代わりに、冷静に物事を判断できる感じがあります。

スポンサーリンク

6つのメリット

つづいての6つのメリットをご紹介します。

1.自宅のすべての服とコーディネートを試せる

2.試着中に汗をかかない

3.店員さんに気を使うこともなく存分に試着できる

4.お店に出かける時間がなくても試着して服を選べる

5.失敗・衝動買いが減る

6.色やサイズが合わなくても問題なし

順番にご説明します。

※”Amazonは服の返品が無料”ということを前提に話をすすめます(返品無料は一部対象外)

関連記事>>>Amazonの返品について

1.自宅のすべての服とコーディネートを試せる

ちょっと派手なデザインの服が気になったとき、「手持ちの服と合うかなあ」と私はよく心配になります。

あまりに汎用性が低い服を買っても、結局タンスの肥やしになることが多かったからです。

だからといって「お店に自宅のクローゼットの服をすべて持っていってコーディネートを試す」なんてことはできないわけで…。

しかしAmazonなら自宅で試着できるので、自宅のすべての服とコーディネートを試すことができるんです。

つまり「お店で目をつむって、想像のなかで手持ちの服と合うか」を考えなくていい。

手持ちの服と合うかどうかの博打を打たずとも、自宅ですべての服と合うかどうかを確認できるのがいいところ。

似合わなければ返品すればいいんです、無料なんだから。

2.試着中に汗をかかない

汗っかきな人にAmazonはかなりおすすめです。

私は比較的汗っかきなほうで、お店を歩き回った上に狭い試着室に入ると、けっこう汗をかいちゃうんです。

しかも精神的なもののせいか、外出をすると寒い冬でも滝のように脇汗をかいちゃう体質。

さらには知人・他人を問わず、人と話すときもけっこう脇汗が出る。

だから外出先で歩き回った上に店員さんに接客をされるお店での試着は最悪の環境

「試着をしたいけど汗をかいてしまったから、結局試着せずに服を買った」ってこともしばしば。

ところがAmazonで服を買うと、汗をかかない快適な環境をつくれるので、じっくりと試着ができるんです。

暑ければ冷房を入れればいい。

自宅なら精神的な汗もかかないので快適そのもの。

汗っかきな人にはAmazonはかなりおすすめ。

3.店員さんに気を使うことなく存分に試着できる

私は店員さんやほかのお客さんに気を使ってしまって、思う存分試着できない性格。

たとえばさまざまな色・サイズの靴を試着したいとおもっても、それができません。

店員さんに何度も裏まで靴を取りに行ってもらったり、忙しそうにしてるのに自分に時間を使わせるのが申し訳なく感じちゃうんです。

試着しまくった結果なにも買わない、とかほんとごめんなさいっておもっちゃう。

ほかにも、試着室が混んでたら「次のお客さんが待ってるから早く出ないと」とおもって、満足行くまで試着ができなかったり…。

こんなふうに試着することがストレスだから、わざわざお店に行ってもほとんど試着しないまま服を買うことが多々あったんですよね。

Amazonなら店員さんやお客さんに気を使うことなく、思う存分試着できます。

ストレスフリー試着。

4.お店に出かける時間がなくても試着して服を選べる

Amazonはネットで注文すれば自宅まで服を届けてくれるので、仕事で服を買いに行く時間がない人でも、自宅でじっくりと試着することができます。

服を買いに行く時間がなくて通販でサッと買い物を済ませてる人でも、じっくりと時間をかけて服を選べます。

返品期間は30日間あるので、時間のある週末に返送すればOK。

お店に行かなくていいから交通費も時間もかからない、自宅に集荷に来てもらえば返送の労力もごくわずか。

「休みの日は家でゆっくりしたいけど服は試着して選びたい」って人にもいいとおもいます。

5.失敗・衝動買いが減る

お店で試着して買うと「この服は失敗したなあ」と感じたことはあるんですが、Amazon買って失敗したことはないです。

お店でコートを試着したらすごくかっこよくて買ったのに、いざ家に帰って羽織ってみると「あれ?なんか違う…」と感じてガッカリしたことが私は何度かあります。

鏡のせいなのか、照明のせいなのか、お店の雰囲気がいいからなのか、テンションが上がっているからなのかわかりませんが、お店で試着したほうがかっこよく見える気がする

で、ウキウキで買い物を済ませたはいいものの結局着てない、みたいな。

ところがAmazonなら家で試着をできるので、服の良し悪しを冷静に判断できる気がします。

冷静に判断できることで、衝動買いもなくなりました。

6.色やサイズが合わなくても問題なし

ネット通販で服を買うときにとくに気になるのは、以下の2点かとおもいます。

・服の色が画面越しに見るのと実物を見るのとでは違うのでは?

・サイズが合うか不安(とくに靴)

Amazonならだいじょうぶ。

りあえず取り寄せて実物の色やサイズを確認できます

そして気に入らなければ無料で返品

ふつうの通販サイトなら自己都合による返品は返送料が必要だったり、そもそも不良品以外は返品不可だったりしますから、Amazonはネット通販のデメリットをかなり打ち消してくれてます。

※お店の照明の色によっては、お店の中と外で服の色が違って見えることもあるので、お店で実物を手に取ったからって100%安心はできないとおもう

関連記事>>>Amazonの返品について

スポンサーリンク

プライム会員になるとさらに使いやすい

Amazonには年会費4900円を払うと、さらに上位のサービスを受けることができます。

動画見放題などいろんなサービスがあるんですが、そのなかでも以下の2つはかなり便利。

・送料が無料(一部対象外)

・届くのが早い(一部対象外)

300円の商品を買っても送料無料です。

たとえば靴紐だけ買っても送料無料。

1年で10000円以上は送料を節約できました。

さらに届くのが早いです。

私が住んでいる地域だと、注文の翌日に届くことがほとんど。

いいなあと思った服がすぐに届くので、「気になった服を早く着てみたいワクワク感」を保ちやすいです。

いざ気に入らなければ返品すればいいですし。

>>>Amazonプライム会員【30日無料体験】

プライムワードローブもある

Amazonプライム会員限定で、プライムワードローブというサービスが使えます。

ひとことでいうと、対象商品をお気軽に試着ができるサービスです。

通常の返品無料との違いはいくつかあるんですが、おもな違いは支払いのタイミングですかね。

通常の返品無料の対象商品は支払ったあとに試着できるんですが、プライムワードローブの場合は試着した後に支払います。

後払いのプライムワードローブはお金がないときに「とりあえず試着だけしたい」ってときに使いやすいサービスかなあとおもいます。

通常の返品無料で充分といえば充分ですね、プライムワードローブのためにプライム会員になる必要はないです。

プライム会員にはほかにもっと魅力的なサービスがあるんで、プライムワードローブはおまけ。

>>>Amazonプライム会員【30日無料体験】

スポンサーリンク

Amazonで服を買うメリット・デメリットまとめ

☆4つのデメリット

1.服のレパートリーが限られる

2.自宅に姿見が必要

3.店員さんに相談できない

4.買い物が思い出になりにくい

☆6つのメリット

1.自宅のすべての服とコーディネートを試せる

2.試着中に汗をかかない

3.店員さんに気を使うこともなく存分に試着できる

4.お店に出かける時間がなくても試着して服を選べる

5.失敗・衝動買いが減る

6.色やサイズが合わなくても問題なし

Amazonで服を買うメリット・デメリットはこんな感じですが、個人的には外出をしなくていいってのが楽で好き。

私は家でのんびりしてるのが好きなので、あんまり外出する気が起きないことが多いんです。

買い物を通販で完結させられるのは最高。

次の記事へ>>>Amazonプライム会員のサービス『プライムワードローブ』の関連記事まとめ

ファッション
きゃんぺいをフォローする
カテゴリー
きゃんぺいのキャンプ語録

コメント