コンバースの”ジャックパーセル ゴアテックス搭載モデル”をレビュー〜川を歩いても浸水しないスニーカー〜

コンバースのゴアテックス搭載ジャックパーセルで水に入る人 ソロキャンプ

ゴアテックス搭載のジャックパーセルをご紹介します。

ゴアテックスが搭載された靴は、蒸れにくい長靴のような機能性があるので、雨のショッピングでも靴下が濡れずに快適

そんなハイテク機能を備えていながら、見た目はふつうのスニーカーなので、ゴツくならずにコーディネートしやすいのもいいところ。

キャンプのようなアウトドアにも使えて、かなり重宝します。

※かかとの耐久性については、もっと履き込んでから追記します。

スポンサーリンク

防水性検証〜川を歩いても浸水しない〜

コンバースのゴアテックス搭載ジャックパーセルで川を歩く人

結論からいうと、防水性は最強です。

くるぶしまでの深さの川なら歩いても浸水しないので、雨程度であればまったく問題なし。

台風のなかを歩いても靴下はカラカラだとおもいます。

※あんまり長時間ジャックパーセルを水中に浸けないほうがいいとはおもう

さすがゴアテックスといったところです。

参考リンク

>>>徹底した品質管理 GORE-TEX

>>>「ゴアテックスなら大丈夫」は本当?実際のところを日本ゴア社で聞いてきた

撥水性も抜群

川のなかのコンバースのゴアテックス搭載ジャックパーセル

ジャックパーセルを川に沈めたときに確認したんですが、撥水性もかなりしっかりとしています。

川底をいじって泥を巻き上げても汚れ1つ付きませんでした、水と一緒に泥も流れ落ちる感じ

もちろんアッパーのどこにも水が染みませんでした。

参考>>>各部の名称|靴の知識|靴について

ただ撥水性は徐々に落ちていくとおもうので、定期的なメンテナンスが必要になるかと(防水スプレーとか)。

スポンサーリンク

歩きやすさ・着用感

コンバースのゴアテックス搭載ジャックパーセルで河原を歩く人

個人的にはゴアテックス搭載ジャックパーセルよりも、ふつうの安いオールスターの着用感のほうが好きです。

ただ一般的な感覚でいうと、ゴアテックス搭載ジャックパーセルのほうが歩きやすいんだろうなあとはおもいます。

私の好みが一般的な感覚からズレてるんですが、靴のサポート機能があまり好きじゃないんですよね。

ハイテク機能が搭載されてると歩行感覚が不安定に感じて、捻挫しそうで怖い。

インソールのクッションが効いてる

ゴアテックス搭載ジャックパーセルにはREACT HDという、コンバース独自のインソールが入ってます。

コンバースのゴアテックス搭載ジャックパーセルのインソール

ふつうのオールスターと比較するとかなりクッションが効いていて、かかとからガツガツ踏み込んで歩いても衝撃がすくないです。

コンバースのゴアテックス搭載ジャックパーセルのインソールの裏

足を入れた瞬間から、「おー、クッション効いてるなあ」とおもったぐらい。

インソールのかかと(ロゴが入ってる辺り)の高さは1.5cmでした、多少履いてから計測したので新品時はもうすこし高さがあったかもしれません(変わらないかもしれないしわからん)。

個人的にはここまでのクッション性はいらないので、もっとペラペラのインソールに変えるかもしれない。

あとクッション性はありますが、勝手に前に進んでいくような感覚はないです(個人的にそれが好き)。

多少は蒸れる

コンバースのゴアテックス搭載ジャックパーセルを履いた人

1つ注意点なんですが、ゴアテックスに透湿性があるからといってまったく蒸れないわけではなく、多少は蒸れる

蒸れやすさという観点からは、ふつうのスニーカーのほうが蒸れにくく快適だとおもいます。

ゴアテックス搭載ジャックパーセルを履いて出歩いて、いざ靴を脱いだら湿気が開放されるような感覚もあります。

ゴアテックスは防水性が高い割に蒸れにくいってだけで、蒸れないという意味じゃないです。

コンバースのゴアテックス搭載ジャックパーセルを履いて河原に立つ人

たとえば長靴だったら防水性は高いけど、湿気が逃げにくくて蒸れやすい。

それがゴアテックス搭載ジャックパーセルの場合、防水性が高くて長靴より蒸れにくい…というイメージ。

まあ「蒸れて不快でもう履けない!」なんて経験はいまのとこないので、雨だろうが晴れだろうが履きたいときに履いてます

ゴアテックス搭載のダナーフィールドを夏でも履いてたので、たぶんゴアテックス搭載ジャックパーセルも夏に履けるとおもってます(まだ試せてない)。

関連記事>>>ダナーフィールド1年間着用レビュー!街と自然をつないでくれる好きなブーツ

ローカットのほうが蒸れにくそうかな、形状的に。

蒸れにくくするにはメンテナンスが必要

靴内を蒸れにくくしてくれるゴアテックスの透湿性を活かすには、生地表面の撥水性を保つことが大切になります。

アッパーが水で濡れると靴内部の湿気が外に逃げにくくなって、蒸れやすくなるからです。

参考>>>各部の名称|靴の知識|靴について

参考>>>GORE-TEX 製品のお手入れ方法

スポンサーリンク

ディティール

正面から見たコンバースのゴアテックス搭載ジャックパーセル

正面

コンバースのゴアテックス搭載ジャックパーセルのサイド

横から見たコンバースのゴアテックス搭載ジャックパーセル

サイド

後ろから見たコンバースのゴアテックス搭載ジャックパーセル

コンバースのゴアテックス搭載ジャックパーセルのタグ

コンバースのゴアテックス搭載ジャックパーセルのかかと

後ろ

コンバースのゴアテックス搭載ジャックパーセルのハトメ

紐とハトメ

コンバースのゴアテックス搭載ジャックパーセルのタン

タンとアッパーが繋がっているため水が入らない

コンバースオールスターのタン

オールスターのタンはこんなふうにアッパーと分離してる

コンバースのゴアテックス搭載ジャックパーセルのインソール

インソール

コンバースのゴアテックス搭載ジャックパーセルの中

内側にはGORE-TEXの文字が。

スポンサーリンク

着用画像

横から見たコンバースのゴアテックス搭載ジャックパーセル

ディッキーズ874と合わせた足元の着用画像です。

上から見たコンバースのゴアテックス搭載ジャックパーセル

上から

正面から見たコンバースのゴアテックス搭載ジャックパーセル

正面

横から見たコンバースのゴアテックス搭載ジャックパーセル

横から見たコンバースのゴアテックス搭載ジャックパーセル

サイド

後ろから見たコンバースのゴアテックス搭載ジャックパーセル

後ろ

スポンサーリンク

ヒールの高さは3cm

コンバースのゴアテックス搭載ジャックパーセルのヒールの高さ

コンバースのゴアテックス搭載ジャックパーセルのインソールの厚み

ヒールの高さはインソール込みで約3cmでした。

ヒール1.5cm+インソール1.5cm=3cm

ちなみに通常オールスターは2cm。

ゴム紐カスタムで着脱をかんたんに

正面から見たゴム紐でカスタムされたコンバースのゴアテックス搭載ジャックパーセル

日課の散歩に出かけるときに靴紐を毎回結ぶのはめんどうなので、ゴム紐に交換しています。

ゴム紐にカスタムしたコンバースのゴアテックス搭載ジャックパーセル

スリッポンに近い感覚で着脱できますね。

純正の紐で毎回ビシっと締めたときのフィット感には劣りますが、ゴム紐カスタムしたゴア搭載ジャックパーセルでも充分フィット感はあり、これでジョギングすることもあります。

ゴム紐でカスタムされたコンバースのゴアテックス搭載ジャックパーセル

よーく見ると色や質感が違うんですが、まあそこまでおおきな差ではないので、気にせずに履いてます。

純正の靴紐は、生成り色のコットンっぽい素材(たぶん)。

ゴム紐は邪道だとおもってなかなか使用してこなかったんですが、めっちゃ便利ですね。

コンバースのゴアテックス搭載ジャックパーセルのねじれた靴紐

平紐の靴紐を締めたり緩めたりしてると、上の写真のように靴紐がねじれてしまうことがよくあるんですが、ゴム紐の場合はこのねじれが起きないので、気持ち的にスッキリします。

サイズ感・サイズ選び

水に浮かぶコンバースのゴアテックス搭載ジャックパーセル

ハイカットとローカット、薄い靴下と厚めの靴下を履き分けて試着した結果、私の足の感覚では”ジャスト〜0.5cmアップ”ぐらいのサイズ選びでいい感じでした。

そして25cmのゴアテックス搭載ジャックパーセルを購入。

※私の足・・・コンバースの通常のオールスターは25cmでちょうどいいぐらい。24cmも入るけど横がキツキツ過ぎる、24.5でもキツい、25が縦横のサイズのバランスがいい。26cmも履ける

私の足で25cmのゴア搭載ジャックパーセルの場合、薄手の靴下のほうが窮屈感がなくて履き心地はいいんですが、クッション性のあるすこし厚めの靴下でも問題なく履けます。

ゴアテックス搭載ジャックパーセル25cmは、通常オールスターでいうと24.5〜25cmのちょうど間ぐらいの感覚(私の場合)。

通常オールスターとくらべると若干キツめな印象ですね。

プレゼントにもいい

コンバースのゴアテックス搭載ジャックパーセルで水に入る人

ゴアテックス搭載ジャックパーセルは、通常モデルやレザーモデルと比べてお値段が高いです。

その値段から「あったら便利なんだけど、自分で買う気にはなりにくい」という靴だとおもうんですが、逆にいうとプレゼント向きなんじゃないかと。

ただサイズ選びがちょっと難しいので、お店に直接行くか、返品無料の通販サイトを利用して複数サイズを取り寄せるといいかもしれません。

お値段が高いので家族と共有してもいいとおもいます。

コンバースの「ジャックパーセル ゴアテックス搭載モデル」まとめ

・川を歩けるたしかな防水性

・多少は蒸れる

・サイズはジャスト〜0.5アップぐらいがちょうどいい(私の場合)

私はゴアテックス搭載の靴というと登山靴のようなゴツいものをイメージしちゃうんですが、そんななかクラシカルなジャックパーセルにゴアテックス搭載モデルがあると知って、すぐに飛びつきました。

次の記事へ>>>コンバースの名作スニーカー「オールスター」のレザーモデルをレビュー!バイクでゴツいレザーブーツの代わりにシュッとしたレザースニーカーはいかが?

コメント