学生靴でおなじみハルタのスポックシューズをレビュー〜60年間売れ続けるロングセラー〜

ハルタのスポックシューズを履いた足 ファッション

学生靴でおなじみのハルタからスポックシューズをご紹介。

本革なのに1万円以下で買えるお財布にやさしい靴

約60年前から売れ続けてるそうで、もはや還暦です。

こんな歴史がある靴にはわくわくします。

なんかいいじゃないですよね、背景が感じられる服って。

だからといって古臭くなく現代でも履きたくなるデザイン。

しかも脱ぎ履きがしやすいので、ガッツリお出かけするだけじゃなく、ちょっとコンビニに行くだけでも履きやすいです。

難点といえば、サイズ選びが難しいこと。

実際に取り扱い店舗で試着をするのもいいんですが、Amazonなら返品無料なので、自宅で好きなだけ試着できておすすめ。

活躍の幅が広いスポックシューズ、おすすめです。

スポンサーリンク

60年前に生まれたとは思えぬ洗練されたデザイン

斜めから見たハルタのスポックシューズ

ハルタのスポックシューズって、もうすぐ60歳なんですって。

還暦。

いまが2020年だから、1960年らへんに誕生ってこと。

生まれてから60年間、ずっと売れ続けている革靴。

めんどくさいから歴史をくわしく調べようとはおもわないけど、こういうの好きです。

もちろんデザインも好きなんですが、この靴に60年間が詰まってるという背景を知ってるだけで、なんかこう気持ちがわくわくする。

ジャイアント馬場、リカちゃん人形、サザエさん、鉄腕アトム、カラーテレビ登場…このへんと同世代らしい。

参考>>>1960年代流行(出来事)/年代流行

スポンサーリンク

「この靴ハルタなんやで」と言いたくなる

ユナイテッドアスレワークスのエンジニアコートとディッキーズ874のコーディネート

ハルタといえば学生靴、あたりまえのこと。

ファッションに興味があろうがなかろうが、学生のときハルタにお世話になった人も多いとおもいます。

ところがほとんどの人はハルタがこんなイケてる革靴を作ってるなんて知りません(たぶん)。

少なくとも私はまったく知りませんでした。

だからこそ言いたくなる

「これどこの靴やとおもう?実はハルタやねん」

って。

聞かれてもないのに(言わないけど)。

だれもが知ってるはずのハルタなのに、だれも知らないスポックシューズってのがなんかいい。

スポンサーリンク

手を使わずに脱ぎ履きできて楽ちん

横から見たハルタのスポックシューズ

私はデザインや歴史だけに惹かれたわけではなく、実用性でもいいなあとおもって買いました。

なんてったって脱ぎ履きしやすいんですよね。

脱ぎ履きを楽にしようとおもうとブカブカの靴を選べばいいんですけど、それだと今度は歩きにくい。

ところがどっこい。

スポックシューズはサイドに切り込みが入ってるおかげで手を使わずにスッと履ける…そのうえ足にはちゃんとフィットしてくれて歩きやすいんですよね。

めっちゃ楽。

ハルタのスポックシューズとクレマンのローファー

脱ぎ履きをしやすい革靴といえばローファー。

スポックシューズはそのローファーを上回る楽さ、ローファーでも楽なんだけどね。

※ジャストサイズだと最初はちょっと履きにくいかも

部屋着でコンビニに行ってもだらしなくならない

ハルタのスポックシューズを履いた足

コンビニに行くときって楽な服装で行くことが多いとおもうんです。

スウェットとかね。

だらしないなあとはおもいつつも、いちいち着替えてられないし、めんどくさい。

だからといってコンビニのためだけに革靴の紐を結ぶのもめんどくさい。

そこでスポックシューズの出番。

ラフでゆるい服装でもスポックシューズと合わせたらそれなりに整って見えるんですよね。

しかも脱ぎ履きが楽なんで、思い立ったら財布と鍵を持って、パッとすぐに出かけられるほど身軽。

さすがに上下グレーのスウェットに革靴を合わせるとアンバランスだとおもいますが、ジーパンとTシャツに合わせるぐらいならちょうどいいかと。

ラフな服装に合わせると、だらしなくなくて気取りすぎない、ちょうどいい

セブイレに夜食買いに行くかあ〜

とおもったときに、いまの自分の服装を見てカジュアルで楽な服装でもスポックシューズを合わせるだけでそれなりのコーデになるんですよ。

これなら不意に知り合いに会ってもだいじょうぶ。

スーパーに行くだけでもちょっとお上品になりますし、お座敷の居酒屋に行っても脱ぎ履きで手間取りません。

スポンサーリンク

家で室内履きに使ってみた

ハルタのスポックシューズを履いた足

スポックシューズは脱ぎ履きしやすいから、

これなら家で上品なスリッパとして使えるかも

とおもって外で履く前に試してみました。

結果としては、可もなく不可もなくって感じ。

サイズを間違えなければ脱ぎ履きは問題ないし、窮屈感もなくリラックスできるんです。

が、足音が気になる。

静かな部屋でフローリングの上を歩くと、足音がけっこう目立つんですよね。

わざわざスポックシューズを家で使う必要はないかな、スリッパでいい。

オフィスなら使いやすそう

家では微妙でしたが、オフィスや会社なら履きやすいかもしれません。

革のシンプルなデザインなので職場でも使いやすそうな見た目をしています。

それに加えて脱ぎ履きしやすいのでデスクワーク中はこっそり靴を脱いでリラックス、上司に呼ばれたら机の下でサッと履いて涼しい顔して「はーい」と立ち上がれそう。

オフィスなら足音も気にならないでしょうし、みんな靴とか履いて歩いてるんだから。

Amazonのレビューを見ても、オフィス使いしてる人もいるみたいですね。

スポンサーリンク

サイズ感がむずかしい

斜めから見たハルタのスポックシューズ

スポックシューズはサイズ感がかなりむずかしいんで、買うときは慎重に。

ふだんとおなじ感覚で選ぶと100%失敗するとおもいます。

私の場合はふだんのスニーカーから1cm小さいサイズがジャストでした。

コンバースのオールスターでジャストサイズが25cmなんですが、スポックシューズはジャストサイズが24cm。

※スポックシューズのメンズのサイズ展開の最小が24cmなんで、もしかしたら24cmがジャストサイズじゃない可能性もある。履いた感じはぴったりだけど。

スポックシューズが大きいのか、ふだん履いてる靴が小さいのか、どっちなんですかね。

有名なスニーカーなんてほとんど海外メーカーだから、ふだんは窮屈にならないように大きめを買ってるだけで、日本人向けに作られた靴だとこんなサイズ感なのかもしれない。

Amazonなら返品無料

直接お店に行ってサイズを合わせるのがベストですが、取り扱い店舗を調べるのもめんどう。

なので私はAmazonで購入しました。

Amazonは通販サイトですが、実はお店よりもじっくりと試着できるんですよ。

Amazonで取り扱っているアパレル関連商品って返品無料のものが多いので、複数サイズを取り寄せれば自宅でじっくりと試着可能。

私はスポックシューズを複数サイズを取り寄せて、合わないサイズだけ返品しました。

※24〜26cmまで試した

※商品ページに”返品無料”と書いてあるのが目印

Amazonも「自宅で試着する」ことを認めてるんで、後ろめたい気持ちは必要ありません。

参考

>>>試着後の返品・送料無料: ファッション – アマゾン

>>>Amazonの服や靴は誰でも無料で試着可能!無料で返品する方法を解説

Amazonなら自宅にいながら、自分にとってベストなサイズを選ぶことができます。

返品も集荷に来てもらえばいいので楽ちんです、家にいるだけでいい。

もしサイズが大きかった場合は、中敷きで調整することも可能です。

レビューを見るとハルタの中敷きをスポックシューズに入れてる人もいるみたい。

関連記事>>>Amazonで服を買うメリット・デメリット〜店員さんが苦手/外出がきらい/じっくり試着したい人におすすめ〜

ハルタのスポックシューズまとめ

正面から見たハルタのスポックシューズ

☆ハルタのスポックシューズまとめ

・本革なのに1万円を切るお手頃価格

・60年の歴史にワクワクする

・デザインはシンプルで合わせやすい

・脱ぎ履きがカンタン

・オフィスなどの室内履きにも

・サイズ選びは難しいので店舗かAmazonで試着がおすすめ

次の記事へ>>>50年以上愛されつづける定番ワークパンツ「ディッキーズ874」をレビュー

ファッション
サトウタロウをフォローする
カテゴリー
サトウタロウの孤独語録

コメント